Ben Shneiderman
ACM Transactions on Computer-Human Interaction (TOCHI), Vol. 7, No. 1, pp. 114-138, March 2000
以下の4ステップを実行する。 これらの実現のために以下のような手法やツールを利用する 「GENEX」(generator of excellence)という枠組を提案している。
  1. デジタルライブラリを検索/ブラウズする
  2. 同僚や指導者と相談する
  3. データやプロセスを視覚化する
  4. 自由にいろいろ関連づけてアイデアを練る
  5. what-ifツールを使って解決法をさぐる
  6. テンプレート、ウィザード、自動生成ツールなどを活用して実際に作成する
  7. ヒストリを参照したり再実行ツールを利用する
  8. 結果を公開する
ステップ4の支援ツールとして IdeaFisher, MindManager, TheBrain, Axon Idea Processor などを紹介している。
周期表を書くことによって元素の理解が深まったように、視覚化は重要である、らしい。
調査が大事/人に相談しろ/という点はYoung_Ideaと同様の主張であろう。 試行錯誤して自分で試すことが重要だ/世間に配れ/という点は、 インターネット時代のソフトウェアにおいて特に重要といえるであろう。
つまり、スジの良い研究者というのは というような人物であり、これと逆のスジの悪い研究者というのは ような人物であろう。 前者のような人物は確かに成功してるようだし、 イナカ研究者には後者のような人が多いかもしれない。
最初に記述された4つのステップは確かにそのとおりなのだが、 紹介されている各ツールが実際どの程度役にたつのかはあまりわからない。
発想支援に関する文を書くのは危険なことである。 あまり良い文を書いてしまった場合、 その発想支援手法自体が疑われてしまうからである。

詳細 Wikiページ作成 関連カテゴリ: インタフェースデザイン 

James W. Young, 今井 茂雄 (訳)
TBSブリタニカ, 1988
「」
書いてあることは単純。以下の5ステップを利用。 言っていることはこれだけで、正しいとは思うがいかにもフツーである。

全体の1/3をしめる竹内均の「解説」が意外と面白かった。

セワコル。。Wiki・レ。シ・クコ促。。エリマ「・ォ・ニ・エ・ 一般書