Motorola Lexicus Technologies
TouchMeKeysとほぼ同じ、単語予測つきT9のようである。
単語登録手法の特許があると書いてある。

詳細 Wikiページ作成 関連カテゴリ:  

字形の組み合わせで文字を入力 (2004/3/16 増井)

詳細 Wikiページ作成 関連カテゴリ: 文字入力方式/入力装置  

Eatoni Ergonomics Inc.
T9と同様、何度も同じキーを押さずに文字を入力。 「1」キーを「補助キー」として使う。
開発者による論文|http://www.eatoni.com/research/chi.pdf = エラー率などについてT9との詳細比較を行なっている。
WordWiseでは、T9やeZiTextと同じように、 通常の携帯電話のテンキーに印刷されたアルファベットを使い、 曖昧な文字指定を行なうことも同じだが、 余っている「1」キーを補助キーとして使うのが特徴である。 補助キーを押しながら他のキーを押した場合は 曖昧性無しに 「代表文字」が確定するようになっている。 たとえば、「1」キーを押しながら「2」キーを押した場合は 「2」キーの代表文字である「C」が確定し、 普通に「2」キーを押した場合は「A」または「B」が指定されると いった具合。
「2」から「9」までのキーに対して C, E, H, L, N, S, T, Y, が代表文字となっている。 たとえば 「yes」を入力する場合は 「1」キーを押しながら「9」「3」「7」キーを 押せばよいことになる。
必ずしも出現頻度が最も高い文字が代表文字になっているわけではない。 例えば 「3」キーに対応する 「D」「E」「F」の中では「E」が代表文字になっていますが、 「1」キーに対応する 「A」「B」「C」の中では「A」が最も出願頻度は高いにもかかわらず 「C」が代表文字となっている。
代表文字は、 曖昧性が最小になるように、 言語の統計的性質を計算して選んであるらしい。 「b」も「c」も子音であり、 「bar」と「car」、 「book」と「cook」 のように、「b」と「c」を交換できることはよくあるが、 「a」と「b」を交換できることは多くないので 「c」が代表文字に選んであるのであろう。 一方、「e」は他の文字に比べて圧倒的に使用頻度が高いので 代表文字に選んであるのだと思われる。 このような工夫の結果、 T9やeZiTextなどの手法よりも、 曖昧性に起因する単語選択の必要性ははるかに少なくなるらしい。
WordWiseは、 同じ単語を入力するために押すキーの数が T9やeZiTextの場合よりも多いので T9やeZiTextよりも曖昧性が少なくなるのは当然であるが、 補助キーの押しやすさや 代表文字の覚えやすさなどによって 実際にどちらが使いやすいかが決まるだろう。 (増井)

詳細 Wikiページ作成 関連カテゴリ:  

Kurt Partridge, Saurav Chatterjee, Vibha Sazawal, Gaetano Borriello, Roy Want
Proceedings of the {ACM} Symposium on User Interface Software and Technology (UIST2002), pp. 201-204 , November 2002
Smallnetwork_HoriKeysと同様に、傾きとテンキーを併用して 入力を行なうシステム。

セワコル。。Wiki・レ。シ・クコ促。。エリマ「・ォ・ニ・エ・ 文字入力方式/入力装置   UIST2002発表論文 。。ユーザインタフェース全般

「」
Thumbscript.com
「」
Thumbscript Developmentが開発したThumbScriptは、「ポケベル式」を英数字に 適用した入力手法です。 ポケベル式はキーの組み合わせを記憶するのが大変ですが、 ThumbScriptではキー操作を文字の形態に近づけることにより キーの組み合わせを記憶しやすいような工夫をしています。 例えば、「C」を入力する場合は、 「C」の字形に対応するように、 右上キーと右下キーを順番に押すようになっています。

セワコル。。Wiki・レ。シ・クコ促。。エリマ「・ォ・ニ・エ・  

Tegic Communications
Web文書
携帯電話では、 各キーにABC, DEFなど複数の文字が割り当てられており、 1回押せばA, 2回押せばB, のように キーを連打した回数で文字を入力していく手法が一般的ですが、 T9では ひとつのキーに割り当てられた複数の文字を区別せずに 入力を行なうのが特徴です。
たとえば「how」という単語を入力する場合は 「h」を含む4のキー、 「o」を含む6のキー、 「w」を含む9のキーを順番に押します。 「iox」「gmw」などと入力する場合も 同じキー操作になってしまいますが、 英語の場合は「how」の出現確率が他に比べ非常に高いので ほとんどの場合「how」と確定してしまって問題ありません。 また単語の文字数が多い場合はさらに曖昧度が少なくなりますから 間違った単語を確定してしまう確率は非常に低くなります。 このため、ほとんどの場合は 全く修正を行なわなくても9個のキーだけで正しい文章を 入力することができます。
T9では自然言語辞書が必要ですが、 現在T9は10種類以上の言語に対応しており、 欧州の携帯電話で実際にかなり広く使われています。 Tegicはまた日本語や中国語に対応したものも開発しているようです。

詳細 Wikiページ作成 関連カテゴリ: 文字入力方式/入力装置  

ExIdeas Inc.
1〜9のキーを2度押すとa,eなどの頻出文字を入力でき、 1,2,3などのキーを押した後で5のキーを押したり 5のキーを押した後で1,2,3などのキーを押すと 非頻出文字を入力できる。
Palm版ではスタイラスをスライドさせることにより入力可。

詳細 Wikiページ作成 関連カテゴリ:   

TEEV
Web文書, 2003
PocketPCでポケベル入力を可能にする。

詳細 Wikiページ作成 関連カテゴリ: 文字入力方式/入力装置  

中川 圭司
Web文書, 2003
ローマ字を入力しやすくしたパネル。 普通に押すと「K」が入力され、「Y」キーを押してからだと「G」が入力されるという具合になる。

詳細 Wikiページ作成 関連カテゴリ: 文字入力方式/入力装置  

Zi Corporation
T9に似ている。予測を行なう点がT9と異なるのかも。

詳細 Wikiページ作成 関連カテゴリ:  

百名
Web文書

詳細 Wikiページ作成 関連カテゴリ: 文字入力方式/入力装置  

TimeSpace System
字形からひらがなを入力するらしい。ひらがなの部品みたいなのがいかにも気持ち悪い。 (2003/8/25 増井)

詳細 Wikiページ作成 関連カテゴリ:  

Neopad
Octaveと同様に、字形の組み合わせで文字を入力していくもの。
...だったはずなのだが、久しぶりに見てみると中身が変わっているような...(2003/8/25 増井)

詳細 Wikiページ作成 関連カテゴリ:  

smallNetwork Co., Ltd.
テンキー端末の傾きでQWERTYキーボードの位置(左/中/右)を選択しながら 文字入力を行なう方式。慣れると速そう。
ムービー|http://www3.ocn.ne.jp/~horikeys/html/mpeg1/HoriKeysDemo.mpgが公開されている。必見。

詳細 Wikiページ作成 関連カテゴリ:  

Smallnetwork Corporation
mとi, rとuで同じキーを使うことにより12キーでローマ字を入力
「い」は「yi」、「う」は「wu」で入力し、それ以外は普通にローマ字入力

詳細 Wikiページ作成 関連カテゴリ:  

小野 勝康. テンキーによる日本語入力 --2タッチ50音配列を実現--, 情報処理学会ヒューマンインタフェース研究会研究報告 Vol.98 No.22 pp.49-54, March 1998.
2キーストロークで50音を入力する。 ひとつめのキーに対してふたつめのキーの方向で区別する。 (Quikwritingに似ているかもしれない)

詳細 Wikiページ作成 関連カテゴリ:  

ミサワホーム
下部の子音と上部の母音を組みあわせて入力
子音を2回押してから母音を押すと濁音になる
ドコモのGFORTに採用されている。(2001/1)

詳細 Wikiページ作成 関連カテゴリ:  

株式会社ニィス
CUTキーとほとんど同じに見えるが...

詳細 Wikiページ作成 関連カテゴリ:  

12個のキーの二度押しにより、かなもASCII文字も入力
iアプリのデモ|http://www.panas-db.com/vscsec/dl.html

詳細 Wikiページ作成 関連カテゴリ:  

株式会社オルジェ (Oruge Inc.)
Palmの上でケータイのような入力をするというもの
GraffitiやキーボードがあるのにPalmでテンキー入力しようという発想が 信じられないが、ケータイユーザにはこういうのも嬉しいのだろうか?? (増井)

詳細 Wikiページ作成 関連カテゴリ: