James Dyson
日経BP社, May 2004
「」
「サイクロン掃除機」を発明したダイソン氏の自伝。サイクロン掃除機の発明 にいたるまでの数々の経験や、発明したサイクロン掃除機を実用化/商品化す るまでの様々なできごとや苦労が楽しげに書かれている。何かを作って世に出 して成功したいと思っている人には大変刺激的で面白く、元気が出る本である。
ダイソン氏はもともとロンドンのRoyal College of Artsでデザインを専攻し ていたのだが、高速に水上を移動できる「水上トラック」や、前輪を球にする ことによってはるかに扱いやすくなった手押し一輪車など様々なものを発明して 商売を軌道に乗せた後、たまたま見かけた集塵機を掃除機に利用できることに 気付いたのをきっかけに開発を行なったものらしい。英米の掃除機メーカや工 具メーカなどに何年にもわたって売り込みをかけたものの、条件の問題で契約 に至らなかったり、勝手に類似品を作って売られたり、あらゆる挫折を味わっ た後、日本の会社で製品化されたことをきっかけに爆発的に売れ始め、現在イ ギリスでは掃除機売上の半分以上がダイソン社のものになっているらしい。
既存の大メーカの立場から見れば、田舎の発明家の工夫などに大金を払う気に はならないだろうし、仮にそれが良いものだったとしてもなんとか特許の抜け 道を捜して自社開発を行なおうと全力をあげるだろうから、ダイソン氏が苦労 したのは無理もない。普通の人間ならば、何年もやっているうちに飽きたりあ きらめたりしそうなものであるが、実験開始から実用的な掃除機を作り出すま で3年も家に籠って実験を続けたり、完成した後もスポンサーを求めて何年も 世界を飛び回ったり、根っからの発明家であることに加えて大いなる信念と根気 をもって開発や売り込みをし続けられたことが成功に結び付いたことがよくわ かって感動的である。(2004/6/10 増井)
「」
現在日本製のサイクロン掃除機は沢山売られているが、これらはすべて本物の ダイソンのサイクロン掃除機とは別物で、紙パックこそ必要ないものの、フィ ルタは使われるから目づまりが発生するし奇麗な空気が排出されるわけでもな い。値段は3倍ぐらい違ったりするのだが、この本を読んだ後ではやはり本物を 使うしかないと思うであろう。 6月末に日本市場向けの小型の新製品を出すということで、製品の発売にあわ せて出版したとしか思われないところにも商売上手さが感じられるが、とにか く面白い話が満載なのでおすすめである。
「」
製品はこれ

セワコル。。Wiki・レ。シ・クコ促。。エリマ「・ォ・ニ・エ・ ビジネス本 

吉田 たかよし
講談社新書, June 2003
時間を有効に使って勉強する方法が沢山書いてある。 方法はそれほど目新しいものばかりではないのだろうが、 自分がその方法を試したときの効果のほどや、 医学的知見などが書いてあるので説得力がある。 うまくいかなかった方法の経験についてもいろいろ書いてあるのも面白い。 受験とか資格とかのための効果的勉強法として一読の価値はあるだろう。
著者はいったい何を目標に勉強してるのかさっぱりわからないのが不思議ではある。 効果的に勉強して灘中に入り、 効果的に勉強して東大に入り、 効果的に勉強して医者や国家公務員試験その他もろもろの資格をとり、 ... といった生活を送ってきた結果、 効果的に勉強することおよびその啓蒙活動が最終目標になってしまったのだろう。 そのノウハウ伝授が人の役にたっているのだから良いのかもしれないが 空しい気分は残ってしまう。 (2004/4/27 増井)

詳細 Wikiページ作成 関連カテゴリ:  ビジネス本 教育/学習

岡本 薫
岩波書店, December 2003
「」
日本の著作権関連立法や処理を扱っているらしい文化庁の役人が書いたものであり 手前ミソな部分(著作権法のインターネット対応とかJASRACの効用とか)を除くと、 わかりやすく広い視野から書いてあるように思われる。
(2004/2/17 増井)
「」
「」
JASRACを使うと音楽著作権が一本化されているからユーザが悩む必要はなくて 便利だというが、 権利が集中しているからロクな評判がたたないのであろう。 文化庁からの天下りが多く、 ヒマな職員が多ければ、 あちこちに無用のクレームを行なうといった無駄な行動をしがちだろうし。
「」
p139では「輸入権」について書いてある。 海外で安価に製造されたものの輸入を制限することができる輸入権については 何度も検討されてきたが、各国の反対にあって成立していなかったらしい。 ところが、近頃これが成立しそうになっており、 アジアで売られているCDを日本に輸入したりすることができなくなってしまうかもしれないらしい。 (毎日の記事)

セワコル。。Wiki・レ。シ・クコ促。。エリマ「・ォ・ニ・エ・ ビジネス本 一般書 

和田 秀樹
角川書店, November 2003
橋本氏の書評
一般の人が文章作成するときのコツについて書いた本のはずなのだが 裏表紙には「ベストセラーの書き方」と書いてある。
和田氏は口述筆記も含め、年に50冊も本を書いてるらしい。 また、時々はベストセラーを狙って書いているらしい。
和田氏は自分が天才ではなく、 読者の目線で本を書いているという自覚があり、 「並の人の言うことの方が世間では有用なのだ」という考えで本を量産しているらしい。 野口氏の「「超」文章法」もそうなのだが、 あまり賢くない著者があまり賢くない読者向けにわかりやすく書く本が ベストセラーになりやすいのかもしれない。
確かに文章は非常にわかりやすい。 (わかりやすすぎて簡単に飛ばし読みができてしまう。) 心理学的実験の話や知見が随所に出てくるが、 こういうものはどんな人にとっても面白い話題なのでウケるのだろう。
肝心の、文章を書くテクニックについてはごく普通のことしか言っていない (目次から書けとか、とにかく書く練習をしろとか、人の立場になって読んでみろとか)
文筆活動には定年が無いのだから、頑張れる限り執筆と自己変革を繰り返したいという 和田氏のスタンスは面白かった。 (ベストセラーをずっと書いてれば引退後の家計の心配なんて無い!)
(2004/2/18 増井)
和田氏は、日本の国語教育が「情緒的文章中心」だから文章を書けない人間が 多いのだという考えているようである。 日本の学校では、効率の良い伝達文を書く練習などは全くさせず、 ある程度長い文章を書く機会は「読書感想文」だけなので、 「作文=情緒的文章の作成」という教育方針がどこかに存在するのだと思っているようだが、 実は「文章読本さん江」で書かれているように、 明示来の綴り方教育の延長が読書感想文となって残存しているのであるから、 そのような伝統を完全に消し去る力をもつ強い作文教育方針が出現しない限り 「情緒中心」な国語教育は消えることはないであろう。残念ながら。
会社にいながら年収3000万を実現する - 「10万円起業」で金持ちになる方法」などという本まで書いているのね。こちらの方が面白いかも...
...と思ったら大間違いだった。

詳細 Wikiページ作成 関連カテゴリ: 国語教育関連 。。ビジネス本。。教育/学習

「」
自分が昔家庭教師や塾とかで儲けた話は良いのだが、 知合いの成功譚(?)というのが極端にセコい、というかほとんど犯罪的である。
  • ライスのかわりにナンを出すカレー屋(ナンは実は安い)
  • オフィスの一部を自習室に貸す不動産屋
  • 上野の安マンションを転貸し
  • 車の営業のついでに物件や宝石を紹介する
  • 売れないタレントを斡旋して8割ピンハネする女衒
  • 担当医が実はいないのにいるフリをする病院
  • 公務員宿舎に住んで自宅を貸す奴
また、起業の例として提案しているものがあまりに思いつき的で非現実的である。
  • スナックで営業するラーメン屋
  • トサンで金を貸す
  • クラスつきスナック
  • 運転代行
  • ベンツレンタル
ソニーその他の大企業を例にした話は 想像にもとづくもので疑わしい話ばかりである。
和田氏が成功した昔話を聞いても嬉しくないわけだが、 こういうのを読んで嬉しい人はいるのだろうか。
面白かった逸話:
  • 和田氏の講演料は90分で70万だった
  • 麻布は1割しか東大に現役合格しない これを逆手にとって塾を営業
  • 病院のように人件費の高い業界は元気がよい
  • 最近の大学生の家庭教師の時給は昔の1/3である
  • 高校とかの理科実験は成功するきまりになっており、そんなの実験じゃない
  • ロバートパーカーは素人の舌によるワイン評価で成功した
  • 株式会社が病院をできるようにすると簡単に開業できるので抵抗している
  • 偉い人に頭を下げられると人は気持ち良く感じるものである
和田氏いはあらゆる著作に全身全霊を傾けていると言っているが、 和田氏と同程度の知力がある人間ならばこういう本に満足しないことは確実なわけで、 そうでない本を平気で出版するということは読者をナメていることになる。 そういう態度は全然文章には出てこないところが流石というか、 実は本人もナメている気持ちは全然無いのかもしれないが、 実際ナメた行動をしていることは事実だからなんとかしてもらいたいものである。
(2004/2/18 増井)

詳細 Wikiページ作成 関連カテゴリ: ビジネス本 マネー  一般書

産業能率大学大学院での講義「社会調査法」をまとめたものらしい。
統計の読み方、百科事典の読み方、新聞の読み方... についての 連続講義をまとめたものらしいが、 読んで何か新しい情報が得られる気が全くしないのが不思議である。 同僚は約38秒で読了していた。
(2004/2/18 増井)

詳細 Wikiページ作成 関連カテゴリ: ビジネス本 教育/学習

津田 久資
PHP, 2003
著者は高校の同級生で、 MBAを取得してボストンコンサルティンググループというところでマーケティングのコンサルを多数やってたらしい。 マーケティングの世界は、いろんな発想が必要だという点では研究者と似ているものの、 革新的なものを作る必要はないとか、 網羅的分析が重要だとか、 他人を相手にする商売であるとか、 理系の研究とは若干異なる頭の工夫が要るというところが面白かった。 この手の本の中では評判が良いらしい。 MECEに代表されるような、コンサルティングで使われている各種の網羅的手法は 研究におけるアイデア出しにも役立ちそうである。 MBAの勉強をしなくても この手の手法について耳学問できたのはありがたかった。
学会の理事のような仕事はこういったマーケティング的要素が多いわけだが、 そういう仕事をしている人はもともと理系の研究者がほとんどなので、 この手の発想が特に得意とは限らない。 理事としてちゃんとやるためにはこのようなビジネス本で勉強する必要があるような気がする。
(2004/2/3 増井)
精緻な場合分けのことを「ロジカル」と言ってるようだ。言いすぎ?

詳細 Wikiページ作成 関連カテゴリ: ビジネス本 

Gary Belsky, Thomas Gilovich
日本経済新聞社, 2003
普通の経済学は、人は理性的に損得を考えて行動するということを 前提に作られているが、実際は間違いや勘違いによって ずいぶん損をしているのだという話。 いろんな間違いをする例が沢山紹介されている。 こういう研究を「行動経済学」というらしい。
確かにいろんな理由で人間は間違った選択をする。 これは投資に限っことはないわけだが、 この本ではどんな話も投資に関連づけてしまっている。 モンティホール問題は有名だし、 カード裏返し問題などは 「ビル・ゲイツの面接試験 - 富士山をどう動かしますか?」や このページこのページなど いろいろなところで紹介されている間違いやすい論理問題なのだが、 投資における間違いとはかなり違う気もする。
間違えて損する人がいるということは、その逆をやれば得をすることであろう。 普通に考えて普通に間違えて損をする人の逆の行動をしたいものである。 とはいえモンティホール問題みたいなもので儲けるというのは卑怯すぎる気もする。
(2004/2/12 増井)

詳細 Wikiページ作成 関連カテゴリ: マネー  ビジネス本 心理学

いろいろな面白い心理学実験結果やエピソードが紹介されているが、 爆発的感染を起こさせるために何が必要かという肝心の主張は説得力がない。 主張している3要素のうち、少数者が実際に感染に強く影響しているという話は証拠がないし、 粘るものが流行するのは当然というか、 流行したから粘ったと判断できたと思われる。
状況をちょっとだけ変えることにより大きな影響を与えることができた例は参考になるかもしれない。
Crossing the Chasm: Marketing and Selling High-Tech Products to Mainstream Customersなどが引用されているようだが、 参考文献が全く記述されていいない。 日本語版だけなのだろうが、愚かな風習である。
(2003 6/6 増井)

詳細 Wikiページ作成 関連カテゴリ: ビジネス本 心理学

Amazonのページの書評では 後半は誤りも多いということが書いてあるが、 なるほどと思わせる記述も多い。
人はなぜお金で失敗するのかと同様に、 この本でもインデクスファンドへの投資が勧められている。 (株価を本当に予測する人も方法も存在しないことは証明されており、 優良銘柄を求めて売ったり買ったりしていると手数料のために結局損をしてしまうらしい。) 一般的な生命保険は損なことが多いという記述も共通している。
脱税みたいな手法や、永遠に旅をし続けることにより国家からの税金を逃れる手法についての話は かなり疑問ではあるが、 全体的に見れば役にたつ本だと思う。
(2004/2/13 増井)
お言葉:
  • 株式トレードはギャンブルである。 胴元に50%テラ銭をとられる宝クジや25%とられる競馬よりはマシだが。
  • ワンルームマンションほどバカな投資はない
  • 企業が年末調整で家族の情報を取得するのはプライバシーの侵害だ
  • 民主主義では富を再配分するために大きなコストがかかる。
  • 長者番付を発表するのは民衆からのチェックを期待するからだというが、 そうすると日本の税収は一般大衆の陰湿な嫉妬によって支えられていることになる

詳細 Wikiページ作成 関連カテゴリ: マネー  ビジネス本

ケリー・グリーソン, 楡井 浩一 (訳)
PHP文庫 , April 2003
「」
いかにもというタイトルの本だが...
原題はThe personal efficiency programで、 そういうセミナをやってるらしい。 耳が痛い話が沢山書いてある、ということはきっと実践すれば役にたつのだろう。
  • メールや手紙を見たとき、後で処理しようと放っておくのは 結局二度手間になるわけであるからすぐその場で処理しろ。
  • その時点では実行不可能なものは保留するしかないが、 保留仕事が溜まっていると鬱なので、やるべき時にすぐやれるような仕組みが必要 - 「あとで、すぐやる」方式 (その時が来るまではなかったことにするのか?)
  • 機械的にすぐ実行できる処理を増やす
    コーヒーを飲むべきか歯をみがくべきか悩む人はいない.. 機械的にやると負担が少なくてすむ
    確かにその通り! 文書整理などに頭を使うのは馬鹿げている
  • 一日の計画/一週間の計画などを作成せよ
「」
金関連の手紙は何も考えずに玄関の箱に放り込むというように、 「頭を使わない機械的処理」を少し実行してみているが、 なかなかうまくいきそうな気がしている。 その他のことはまだ実行できてないのだが... (2004/2/4 増井)

セワコル。。Wiki・レ。シ・クコ促。。エリマ「・ォ・ニ・エ・ 一般書 ビジネス本 

Clayton M. Christensen
Harvard Business School Pr, 1997
邦訳: 「イノベーションのジレンマ
正しいことをしているはずの会社が何故時代に乗り遅れるかの説明。 顧客の言うことだけ聞いてると、 現存技術を改良するsustaining technologyだけに目が行ってしまい、 将来流行る技術である disruptive technologyに乗り遅れるのだそうである。

いまだ存在しないマーケットで成功するのがdisruptive technologyなので どれがdisruptive technologyかを判断するのは難しいが、 その発展速度などから気配を感じることはできる。 電気自動車とか電子書籍とかはもしかするとdisruptive technology なのかも。 (1999/11/1 増井)

詳細 Wikiページ作成 関連カテゴリ: ビジネス本

商品が爆発的に流行するまでを段階に分けて考えると、 珍しもの好きが喜んで使う段階から 普通の人が使うようになるまでに大きな溝があるという。 この溝をどのようにして越えるかに関して議論している。
特定分野に注力して浸透させていく作戦が良いらしい。

訳本「キャズム」が翔泳社から出ている模様。

詳細 Wikiページ作成 関連カテゴリ: ビジネス本